エンジェル軍  ANGEL Army

長きにわたる無益な戦いの終結を目標として掲げ、高い志を胸に秘めて天空より飛来した者たち。 彼らはみずからを「聖戦士」と称し、伝説上の聖人の名を勝手に名乗る者もいる。
エンジェル軍の武器は見た目には時代遅れの技術のようであり、実際の物理的破壊力も心許ない。しかしその本質はむしろ、敵の精神に直接はたらきかけて、長期間ぬぐい去れないほどの重大な心理的影響を与えるところにある。エンジェル軍の攻撃を受けると、ある者は自らのおこないを悔い、ある者は恐怖し、争い続けることの無意味さを悟り、ほどなく戦列を離れてゆくという。

Celestial beings came down to the ground with high aspirations, their goal is to terminate the longstanding senseless war. They call themselves "holy warriors", and some of them even take the names of legendary sages.
Their weapons seem to be manufactured with outdated technology, and actually these weapons have poor physical destructive power. However, the essence of the terror of these weapons is to cause profound psychological impact upon GAIKOTSU beings' mind that persist for a long time. After having attacks by ANGEL holy warriors, some soldiers regret their deed, and others cringe in terror. All of them will realize the senselessness of the war and leave the battlefield soon afterward.

 
■エンジェル軍司令官ケルビム ANGEL Commander Cherubim
2
エンジェル軍の指揮を一手にまかされている頭脳派の司令官。
赤子のような容貌のまま、数十年にわたってまったく老いる様子がない。そのため、彼が本当にガイコツなのか、そもそも生物であるかどうかということ自体を含めて不審な点が多い。

外形の類似性から、メタリックブレインとの関連を疑う者もいる。また一方で、「翼の陰から、手のような形をした物体が出てくるのを見た」との証言もあり、謎は深まるばかりだ。

Cherubim is always concentrating on brainwork and having full command of ANGEL.
He is keeping infant-like appearance and showing no sign of getting old, for tens of years. It remains a mystery whether he is a living thing or not.

Some suspect the relationship between Cherubim and metallic brain, considering the similarity of their shapes. On the other hand, there are eyewitness testimonies that hand-like objects appeared from behind the wings of Cherubim. Mystery gives way to mystery.
 
■エンジェル軍 聖戦士 Holy Warriors
「司令官ケルビム」に似せた羽根飾りを頭部に付けている、誇り高き戦士。
彼らの特徴はなんといっても、その卓越した飛行能力である。エンジンなどの機械装備を使用しないにもかかわらず、高速でアクロバティックに飛び回って敵を翻弄する。
飛行中に羽ばたくことがほとんどないように見えることから、翼はあくまで神秘的な雰囲気をつくりだすための要素にすぎず、飛行能力の源泉は別のところにあると考えられている。

Holy Warriors are the celestial beings of great pride, and plumed like as Cherubim.
The striking feature of them is in their transcendental flying ability. Although they have no mechanical devices, they show high-speed and acrobatic flight overwhelming enemies.
Their wings have so little action during their flight, therefore their wings are thought to be not much more than the element creating aura of mystery, and the source of flying ability locates elsewhere.

2
<エンジェル・アローを装備した聖戦士>
聖戦士の主力武装であるエンジェル・アローは、物理的なダメージは小さいものの、命中すれば数か月にわたって戦意喪失をもたらすこともあるという。

[Holy Warrior, equipped with Angel Arrow]
Angel arrow is the primary weapon of holy warriors. Although it causes poor physical damage to enemies, reduces their fighting spirit over several months in the case of a direct hit.
2
<追加武装を装着した聖戦士>
劣勢に立たされた聖戦士が突然まばゆい光と爆炎に包まれ、なにもない空間から武器を取り出したり、新たな強化装甲を身につけるように見えた、との証言がある。
そのあとには形勢が逆転し、絶妙なチームワークで一気に攻め込まれて命からがら帰還した、という他軍兵士も少なくない。

[Holy Warriors, equipped with additional arms]
There are eyewitness testimonies that holy warriors got into a worsened situation suddenly put out incandescent flash and explosive flame, then they got weapons and toughened armor out of empty air.
After a few moments they showed the irresistible power with excellent cooperation, and the tables turned.

Red  Blue  Yellow  Green  Pink
 
■ガイコツスピリット GAIKOTSU Spirit
2
エンジェル軍の最新鋭兵器で、実体を持たない魔訶不思議な弾丸。 ガイコツ生命体に対して、生理的に強い嫌悪感をもたらすデザインを集約して設計されている。体をかすめただけでも潜在意識に深く入り込んで定着するため、無事に帰還しても数年は戦意消失状態が続く。

しかし、この攻撃がまったく無効な者が、非常に低確率だが確実に存在することがわかってきた。マシーン軍・ビースト軍ではそのような者を集めて、対処法の研究が開始されたところである。

GAIKOTSU Spirit is the state-of-the-art weaponry of ANGEL, non-physical bullet. The developer of GAIKOTSU Spirit gathered together the designs that induce strong feelings of instinctive dislike on GAIKOTSU beings' mind, and that persist for several years.

However, soldiers remaining nearly unaffected by GAIKOTSU Spirit have been found until now, although at extremely-low probability. MACHINE and BEAST initiated their own researches for dealing with this theme, bringing together such unaffected soldiers.
 
■プラント族 祈祷師 Conjurator of PLANT tribe
2
プラント族は神秘に満ちた山岳民族である。彼らは大地の数多の精霊たちと交信し、その加護を得て超自然的な力を振るうと言われ、周囲から恐れられている。
プラント族は太古の昔から、同じく神秘的な技を使う天界の民と交流を続けている。現在は、天界の民の子孫であるエンジェル軍と同盟を結んでいる。

祈祷師の周囲に漂う不可思議な物体は、「OHNE」と名付けられた小型浮遊兵器である。エンジンやプロペラのような推進装置を必要としないにもかかわらず、縦横無尽に飛び回って敵に集中攻撃を加えることができる。これに対し、他軍ではまだ有効な対策を見出せていない。

その名称「OHNE」は、プラント族で語り継がれる古代伝説にちなんで付けられたものである。
プラント族発祥の地とされる伝説上の東方の国では、かつては飢饉が高頻度で起こり、そのたびに多くの集団が存亡の危機に陥ったという。その際に、やせた土地でも育つ奇跡の植物「OHNE」を主食に混ぜて嵩を増すことにより、飢えをしのいで力強く生きのびた者たちがいた。そのようにして、いつしか富と権力を蓄え、重要な地位を占め続けるようになった者たちが、現在のプラント族の祖先と考えられている。

PLANT tribe is the hilltribe surrounded by mystery. Their supernatural forces that said to be obtained from the spirit in nature are causing terror among others.
Since the dawn of time PLANT tribe has been continuing an interaction with celestial beings, who also utilize mystic power. Currently their descendents, PLANT tribe and ANGEL army, have been forming strategic alliances.

Uncanny objects wafting around the conjurator are the small weapons called ”OHNE”. OHNE can fly freely and make concentrated attacks on enemies, without relying on any engines or propelling devices. Other armies have not been able to find countermeasures against OHNE yet.

This small weapon was named after an ancient legend, that transmitted by word of mouth among PLANT tribe members.
In the legendary eastern islands that said to be the birthplace of PLANT tribe, there were frequent famine and that brought many groups to a fateful crisis. Then there were groups that grew ”OHNE”, miracle plant that can grow even in infertile ground, and they staved off hunger pains by eating OHNE.
Such groups that achieved wealth and power, occupied important positions by grace of OHNE, are thought to be the origin of the current PLANT tribe.
 
■プラント族 呪術師 Brujos of PLANT tribe
2
複数のOHNEを駆使して、最前線で果敢に戦う祈祷師。そのすぐそばで、影のように付き従う呪術師たちの姿が頻繁に目撃されている。

呪術師は色とりどりの仮面を身につけ、漆黒の呪具を天に掲げたり大地に振り下ろしたりしながら古代語の呪文を唱える。そして、何者かに取り憑かれたような呪術師の動作と呼応するかの如く、OHNEの飛跡がさまざまに変化してゆくのだ。
そのため、OHNEを操っているのは祈祷師ではなく実は呪術師のほうではないか、と疑う者も少なからず存在する。
しかし実際のところは、現時点までに他軍が解明できたことは皆無である。特にマシーン軍では、さまざまな周波数の電波や通信用の光線による妨害作戦を試みたものの、OHNEにはまったく影響がない様子であった。最先端科学でも解明できない、得体の知れない巨大なエネルギーの関与を想像して恐怖し、この解析作業への着手自体を拒否する者すら出てくる有様だ。

Conjurator fights bravely making full use of several OHNEs, and close by him there have been frequent sightings of brujos.

Brujos wear colorful masks, cast spells in ancient language with swinging jet-black colored magical items around. Flying track of OHNE changes in concert with brujo’s action, like a GAIKOTSU possessed.
Therefore, some have doubts about the manipulator, to be, not the conjurator but brujos.
Actually, until now none about the engine of OHNE was unraveled. For example, researchers of MACHINE tried to interrupt the control of OHNE utilizing radio waves or light rays, but those showed no effects. There are also some researchers in MACHINE who declined to be involved in the analytical work on OHNE, for fear of the enigma of its engine.
 
 
 
 
 
HOME
 

"GAIKOTSU PLANET" by HOJYO Takashi
SINCE May 02 2013