ビースト軍  BEAST Army

「夜な夜な怪しい実験を繰り返すマッドサイエンティスト」という根も葉もない噂を流されながらも、自らの信念にもとづく戦争終結方法を模索し続けたガイコツ研究者がいた。彼が目指していたのは、野獣の強大な筋力と鋭敏な感覚器官を併せ持つ、規格外の戦士を誕生させることであった。 「力をもって力を制する」ことの妥当性については何年ものあいだにわたって考え、悩み続けていたが、やはり一時的にでも圧倒的な兵力を保持することは避けられないという結論に至ったのだ。

さまざまな野獣を徹底的に観察、飼育や行動研究を重ねてたどり着いたのが、伸縮性に富む新素材による「運動補助機能を持つ超微細多層膜状構造物(開発コードネーム:KiG-LUMI (KinetoGenic Layered Ultrastructural Module, type-I))」だ。野獣の運動能力と敏捷性をほぼ完全に再現・達成しているだけでなく、装着した者の意識に敏感に反応し、自身の体であるかのように思い通りに動かすことができる。
これを装着したガイコツ戦士は「獣戦士」と呼ばれ、爆発的な身体能力を獲得することに加えて、視覚・聴覚・嗅覚も格段に強化される。
血走った目で標的を捕捉し、一気呵成に責め立てて殲滅する、冷酷無比な生体兵器として他軍から恐れられているのだ。

There was a solitary scientist who continued to search for the way how to bring an end to the war, based on his own conviction. His aim was to generate transcendent fighters having a huge physical force and exquisite sensory organs, like as beasts.
He came to the conclusion that it is inevitable to possess the overwhelming military capability, after worrying himself over the appropriateness of that policy for years.

Finally, he invented "KiG-LUMI" (KinetoGenic Layered Ultrastructural Module, type-I), after the years of efforts on depthful behavior observation and breeding of beasts. It is multi-layered membrane-like module with motion-assist function, using the new stretch material. Not only almost-totally completing imitation of beasts' athletic performance and quickness, KiG-LUMI also can be controlled like as wearers' own limbs, with extremely quick and sensitive response reflecting wearers' mind.
GAIKOTSU fighters wearing KiG-LUMI are called "BEAST Fighters". They acquire exquisitely-sensitive sense of seeing, hearing and smelling, in addition to incredible physical abilities. They are formidable to other armies, as vulturine living weapons.

 
■ビースト軍司令官マネキ  BEAST Commander MA-NE-KI
2
ビースト軍の司令官であると同時に、自身も最先端研究に関与し続けている現役の研究者である。
通常、KiG-LUMIの装着時には複数人の介助を必要とするのだが、彼は自力でのビーストイヤー・ビーストテイル装着を頑なに続けている。
かつて、KiG-LUMIが初めて実用化された時代に一般兵として戦闘に参加していた頃のこと。KiG-LUMI装着時に作業者のミスでごくわずかな調整不具合があり、それが原因で適切な防御態勢をとることができず、敵からの直撃を受けてしまった。その際のダメージにより生死の境をさまよった経験から、KiG-LUMI装着に限らず重要な事項はすべて自らの手でおこなうことを信条としている。

ガイコツの弱点である首を強力に保護する「赤い円環状の磁場発生装置"MIKE"(Magnetic-field Interferring Kinetic-energy Emitter)」と、「楕円形の黄金の楯"DORA" (Damage-minimizing Oval Reactive Armor)」を常に身につけており、桁はずれの防御力を誇る。

MA-NE-KI is a commander of BEAST as well as a scientist working in cutting-edge research areas.
Usually the assistance by some workers is required for wearing KiG-LUMI, however MA-NE-KI have been dealing with wearing BEAST ears and BEAST tail by himself.
Once, a long time ago, KiG-LUMI came into practical use when he was one of the common soldiery. There was an incorrect attachment of KiG-LUMI on MA-NE-KI by workers in charge, and it caused inadequate responses to attacks by enemies. A direct hit by enemies laid MA-NE-KI between death and life. From that experience, MA-NE-KI believes it is necessary to do every important thing on his own, not only for wearing KiG-LUMI.

In addition to KiG-LUMI, he always wears ultimate protectors, one is red choker ring-shaped magnetic-field generator "MIKE (Magnetic-field Interferring Kinetic-energy Emitter)", and another is golden shield "DORA (Damage-minimizing Oval Reactive Armor)".
 
■ビースト軍 獣戦士  BEAST Fighters
2
<通常装備状態の獣戦士>
ビーストイヤー・ビーストアーム・ビーストレッグ・ビーストテイルを装着し、全身の能力をバランス良く強化している。
かなりの重量増加があるにもかかわらず、平均的な戦士と比較して跳躍力は3倍、スピードと破壊力も大幅に向上。武器を使う獣戦士はほとんどおらず、多くの者が肉弾戦に特化している。

[BEAST Fighter, with noramal equipment]
Normal equipment of BEAST fighters comprises BEAST ears, BEAST arms, BEAST legs and BEAST tail. By wearing these KiG-LUMI parts, BEAST fighters achieve a balanced enhancement of general physical abilities.
Although these KiG-LUMI parts increase body weight considerably, BEAST fighters with noramal equipment acquire three times more jumping power and far greater speed/destructive power, compared to average fighters.
Many BEAST fighters specialize in hand-in-hand combat, and there are few who use weapons.
2
<敵の猛攻を受けてちぎれたビーストレッグを回収する獣戦士>
戦闘中に破壊されたKiG-LUMIを回収してから帰還する獣戦士や、傷ついた仲間をかかえて戦場から引き揚げる獣戦士の姿がたびたび目撃されている。質素で情に厚い者たちかと思いきや、実は必ずしもそうではないらしい。

獣戦士に装着されたKiG-LUMIには、ビースト軍の最先端テクノロジーが凝縮されている。これが他軍に漏れ伝わらないようにするため、機密保持が徹底されていることによるのであろう、という見方が最近は有力である。
KiG-LUMIは獣戦士の体から切り離された瞬間に劣化・崩壊し始めるようにプログラムされている。その上で、可能な限り回収・帰還することでさらなる機密保持向上を図っているのだ。

[BEAST Fighter, retrieving destroyed BEAST leg]
BEAST fighters were frequently seen retrieving destroyed KiG-LUMI and carrying injured fighters back to BEAST base after the end of combats. Recently it revealed that such behaviors do not necessarily mean BEAST fighters are austere or soft-hearted.

Cutting-edge technologies of BEAST are condensed in KiG-LUMI, therefore the behaviors mentioned above are believed to be on the ground of preservation of confidentiality.
Although KiG-LUMI is programmed to degrade/break down as soon as it drops from the body, BEAST fighters are trying to improve preservation of confidentiality further by retrieving destroyed KiG-LUMI and returning to the base, as far as possible.

 
■ガイコツハウンドソルジャー  GAIKOTSU Hound Soldier
2
中型体格戦士の専用装備で、すぐれた機動性を発揮する。音もなく忍び寄ったかと思うと、次の瞬間には凄まじい形相でと飛びかかり、敵の急所に鋭い牙をつき立てる。

そのような直接的な戦闘能力の高さに加えて、彼らが実は心理戦にも長けているということはあまり知られていない。敵が一般的な生物であった場合には、相手の本能的な性質につけこむ戦法を使うのだ。
ガイコツハウンドソルジャーが窮地に陥ったときには、すぐに腹を見せて仰向けになるように厳しく訓練されている。この姿を見た相手は、本能的に攻撃意欲を削がれてしまう。その一瞬の隙をついて、猛然たる反撃に転ずるのだ。

"GAIKOTSU Hound" is the protective body armor made for middle-size soldiers, utilizing KiG-LUMI technology and achieves excellent mobility.

GAIKOTSU Hound soldiers are also skilled at strategic psychological activities, in addition to the literal fighting capability. When GAIKOTSU Hound soldiers are backed into a corner, they take posture lying on their back and bring abdomen into clear view. Enemies are shorten their will to fight instinctively after seeing that, and GAIKOTSU Hound soldiers initiate counterattack catching enemies unguarded.
 
■ガイコツチワワ レコンタイプ  GAIKOTSU Chihuahua Recon Type
2
小柄な戦士が装着することを想定して、偵察を主目的として生み出された装備。しかし、それだけだと思って近付くと痛い目に遭う。

常に小刻みに震えているように見えるが、これは超高速振動を利用した破壊システムなのだ。対象物に軽く触れるだけで威力を発揮し、分厚い防壁や装甲をひび割れさせることも可能。ごく短時間の戦闘であれば、巨大な敵とも十分にわたり合える能力を秘めているのである。

"GAIKOTSU Chihuahua" is the protective body armor made for small-size soldiers, utilizing KiG-LUMI technology and achieves remarkable reconnaissance capability.

In addition to above, it also has a system for fracture utilizing ultrafast vibration. This system works well only by touching objects lightly, and generate cracks even in thick protective walls or armors. GAIKOTSU Chihuahua can run neck and neck with gigantic enemies on the condition of short-time battle.
 
■ガイコツオニムシα  GAIKOTSU Beetle alpha
2
長く続く戦火により住み処を奪われ、絶滅危惧種となっていた装甲生物「オニムシ」。キチン質の外骨格は強靱でありながらも一般的な装甲材より軽量であるため、ビースト軍の軍事研究者を魅了し続けてきた素材だった。
軍研究機関での数年にわたる養殖条件検討を経てついに、大型個体を低コストで安定的に育成することに成功。装甲組織の細部構造を解析するための十分なサンプルを得て、ガイコツ戦士が装着できる武装として量産にこぎつけたのである。

Beetles are endangered armored creatures, went homeless by prolonged war. Their chitinous exoskeleton shows excellent toughness in spite of its lightweight, therefore it has been kept fascinating BEAST military scientific researchers for over a long time.
Researchers finally achieved stable development of large-size beetles at low cost, after conducting several years study regarding conditions for culture. This achievement led to the mass-production of "GAIKOTSU Beetle" KiG-LUMI protective body armor, obtaining an adequate sample for structural analyses from developed large-size beetles.
 
■ガイコツオニムシβ  GAIKOTSU Beetle beta
2
現時点までに、形状が大きく異なる複数種類の「オニムシ」の存在が確認されている。頭部にはさみ状の突起物を持ち、敵を左右から噛み砕くタイプの種を模した装備は「ガイコツオニムシβ」と呼ばれる。
βはαよりもはるかに軽量であるため、素早い動作が必要な作戦に適している。さらにそれだけでなく、体高が低いため敵に補足されにくいことを利用して、偵察・潜伏にも対応できるのだ。

Several species of different-shaped beetles are identified until now. The discovery of species with forceps on the head led to the production of "GAIKOTSU Beetle beta" KiG-LUMI protective body armor.
GAIKOTSU Beetle beta is much lighter than GAIKOTSU Beetle alpha, therefore beta is better suited for missions requiring rapid movement. In addition to that, GAIKOTSU Beetle beta is also able to deal with reconnaissance or hiding-out, under favor of its low height.
 
 
 
 
HOME
 

"GAIKOTSU PLANET" by HOJYO Takashi
SINCE May 02 2013